ラメールのからだに優しい薬剤選び

美容室ラメールのこだわりとして、からだに優しい薬剤選びがある

今ある薬剤よりも、もっともっと優しいものはあるのだが

お客様のご要望にお応えしながら、体に優しいというものを選ぶようにしている

 

先日、新しい薬剤を試してみることにした

その前に、私は5年ほど前まで手荒れに悩んでいたのだが、その原因はカラー剤に含まれるジアミンというものに反応してしまう

その反応といえば痒みだけではなく、腫れたり、浸出液が出てきたりする。

 

話は戻るが

新しい薬剤を試してみることにした

ほんの少し肌に薬剤がついただけで、痒みとなり、シミのよう残った

次第に人差し指が痒くなり、爪の間が開いてきた

たったの1週間でからだのキツさ・ダルさも感じるようになってきた

あ―強いんだな!この薬剤・・・即座に使うのをやめた!

まあ、こんな感じで、私の人体実験により選んでいるわけだ

もちろん完ぺきではない!

 

白髪染めって実は白髪を増やすとご存じだろうか?

カラー剤にも強さがあり

強いものを使えば使うほど炎症が起きる

この炎症を治すために体は血液を使うt

もちろん気も消耗することになる

この気と血液、からだの修復にも使われている

体は心臓や脳や内臓に優先して修復しようとする

髪の優先順位は最後

つまり

髪への変化はからだの変化というわけだ

そこに白髪も含まれる

 

もっと簡単に話すと・・・

強いカラー剤を使うと頭皮に大けがを負う感じ

優しいカラー剤を使うと擦り傷で済むという感じ

そちらの方が修復に時間がかかるだろうか?

答えなくても一目瞭然ですよね?

時間がかかるということは気と血液もたくさん使うということ

髪は血余(けつよ)といわれる

からだの修復たくさん使われると髪に回すことが不十分となり白髪や抜け毛や細毛といった髪の悩みにつながっていく

だから

髪の変化はからだの変化

その体の変化を感じてほしい

 

また以前ブログにも書いたが、栄養失調という方もいる

こんなにも食料が豊富なのになぜって感じだけれど

種・土・空気・水・肥料・収穫の季節のなさ・・・

このどれもが食材の力がなくなってきた理由のようだ

不調の際は、自分が小さいときに食べていた食材や地域の食べ物をとるとよいともいわれている

 

また、手のひらを見ても体の状態がわかるそうだ

そこまでは勉強していないので詳しくはないが

私の場合

生理前後に頭が痛くなる

この症状は貧血ですといわれた

また爪に縦に溝や横に溝ができるのもちが足りない状態といわれている

また、腸や肝臓の状態も手の色やふくらみや艶などにあらわれるそうだ

 

このように体はたくさんのサインを出している

ただ知らないだけで、そのサインを見逃して、毎日を過ごしてしまっているのだ

 

私は病気の体は薬が治すのではなく

自分の体が整うと病気にかかりにくい体が手に入ると思う

自己免疫力を上げるといっていいのかはわからない

しかし、体を整えることで、メンタルまでも影響するのは確実だ

 

自分の体を強くするのにはどうしたらいいのか?

そのためには細胞一つ一つが元気であればいい!という考え方も知った

 

だから

細胞一つを元気にするために必要な5つのものを生活に取り入れているといいらしい

1・空気(酸素)(量子)

2・電気(ATP・気)

3・水

4・栄養(私は水溶性のサプリメントとして核酸とミネラルを選んでいる)

5・塩

だそうだ

もちろん食事・運動・睡眠も忘れずに!

 

すべては選択

からだに優しいカラー剤を使い

5つの必要なものを何らか生活に取り入れて下さていらっしゃるお客様は、確実にいろんな変化を感じていらっしゃるようだ

肌の色ツヤ、髪質、髪のボリューム、髪のおさまり方、体調、気持ち、声の大きさ、快腸、いろんな変化を感じ毎日を楽しむ

そしてメンタルまでにも変化を感じている

この変化を知り、感じ、笑いあえるのが、私の生きがいである

 

皆さんが楽しい毎日を過ごせるように

その毎日の積み重ねが未来をつくる

だから今を楽しむ

そうなれるようにお手伝いしたい

今日も問い合わせがあり、新規のお客様が来てくださった!

ありがたいことです!

相談したいという方はぜひ一度が来店くださいませ!

問い合わせ

 

美容室ラメールのLINE公式アカウント

LINE友達登録

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP